印刷

純正品とリサイクルトナーの使い分けで、適切にコストを削減しましょう

無駄なコストの削減については、どの企業も常々考えていることと思います。最近では、文書をプリントする際に純正品ではなく、より低価格で販売されているリサイクルトナーを使うことで印刷コストの削減を図る企業も増えています。製品によっては、純正品に比べて約8割も抑えた価格で購入できるものもあり、企業のコスト削減に大きく貢献します。

リサイクルトナーを使うメリットは、ただコストを削減できるだけではありません。テキストに関して言えば、純正品と遜色ない品質での印字が可能です。コストパフォーマンスに優れているので、印字品質を落とすことなくコスト削減ができます。

リサイクルトナーを使った印刷が向いているケース

純正品とリサイクルトナーは、使い分けることが大切です。ここからは、リサイクルトナーでの印刷が向いているケースをご紹介します。

●社内向けのテキスト文書を印刷する時

もっとも向いているのは、会議やプレゼンテーションの資料等、社内向けのテキスト文書を印刷する時です。会議やプレゼンテーションの資料は印刷頻度が高く、また印刷する量も多いです。社外向けのテキスト文書ほど品質にこだわる必要もないので、コストを抑えた大量印刷に向いているリサイクルトナーが最適です。

●消費者向けのアンケート等、印字品質がそれほど重視されない時

社外向けのテキスト文書の中でも、消費者向けのアンケート等、印字品質が重視されない文書を印刷するケースも多々あります。特にアンケートは大量に印刷する必要があるので、アンケート1枚あたりの印刷コストを抑えられるリサイクルトナーを使うのがベストです。他に、白黒印刷をする簡単なチラシ等を大量に印刷する時にも向いています。

●単色刷りや2色刷りの文書を印刷する時

カラー印刷に関しては、リサイクルトナーは純正品に比べて印字品質が劣ります。特に、複雑な色は表現することが難しいでしょう。ただし単色刷りや2色刷りであれば、純正品で印刷した時と比べてそこまで見劣りしません。デザインよりもテキストに力を入れたチラシ等は、リサイクルトナーで問題ないでしょう。

安定した印字品質の製品を使いましょう

上記でご紹介したケースを含め、印字品質よりもコストを重視して、文書を印刷するケースは多くあります。純正品とリサイクルトナーを上手く使い分けることで、適切に印刷コストを削減できます。

ただしリサイクルトナーの品質は製造会社に大きく左右されます。品質に問題がある製品は印字ミスが起こりやすく、かえってコストが嵩む原因になります。安定した品質を持つ製品を購入し、使用してください。

テクノマートは一定の基準を設けて、その基準をクリアしたリサイクルトナーがのみを取り扱う通販サイトです。販売されている製品は信頼できる工場で製造された、安定した品質のものばかり。すべて純正品と同等の印字品質を持つ製品なので、リサイクルトナーを購入する際はご利用ください。→https://www.safety-plan.co.jp/

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA